けん玉教室スパイクル―Spikers.Club.of.YOKOKEN―の

主な活動(一部抜粋)

 けん玉にはいろいろな技がありますが、それらをしていくためには皿に乗せること、剣に刺すことなどをはじめ、重要な基礎的な技があります。それらの最もベーシックな集まりが日本けん玉協会の定める級・段位の技であるといっても過言ではないでしょう。

 これらの技は、もしかしたらYoutubeやTVでKENDAMAを見て、けん玉をはじめたいと思った方にとっては、地味に見えるかもしれません。しかし基礎技にはけん玉をするための重要なエッセンスが多数含まれているため、いろんな技を自由に練習してできるようになるためには、いつかはこれらの基本的な技をしっかり習得することが必須になってきます。

 スパイクルでも基礎である級・段位の技を一人ひとりがしっかり覚えて、理解して、できるようになることを重視します。まずは「できた」と楽しめるように、次に「偶然できた」から「習得できた」へと自信を持って言えるように、一つ一つステップアップしていきましょう。

基本的な技 や 級・段位の技

 最近YoutubeやTVで「けん玉がなんだかカッコイイらしい!」と知った方も多いのではないでしょうか。もちろんその中には基礎技も含まれているでしょうが、実際その多くは「ストリート」や「フリースタイル」と言われるけん玉のスタイルが占めるでしょう。

 このスタイルのKENDAMAはInstagramやYoutube、そしてKWC(Kendama.World.Cap)などを通じて日々進化し、各々が求める自分なりのKENDAMAのスタイルが世界中の様々な人によって、様々な形によって表現されています。最近流行している「ジャグ」、「タップ」、「ファストハンド」、「ストリングトリック」などといった技はフリースタイルのけん玉の技と言えるでしょう。

​ スパイクルはで、基礎的な技だけではなく、これらフリースタイルの技も取り扱っていきます。基礎に比べると難しい技が多いですが、一緒に教え合ったり、情報交換をして、「自分だけのKENDAMAスタイル」を追求してみましょう!

ストリート・フリースタイルの技

 けん玉教室にいったことがない方は初耳かもしれませんが、けん玉には日本けん玉協会認定の級位・段位があります。級・段位は「認定試験」という一定の試験に合格していただくことで取得できます。「 試験」というと難しく聞こえるかもしれませんが、所定の技を、所定の回数以内で、所定の回数正しく成功できるか、という明確な基準のあるものです。

 これらの試験は、けん玉はじめた頃にはすごく難しいものに見えるかもしれません。ですが、けん玉を正しく学び、理解し、真剣に練習に取り組めば、級位はきっと取得できます。そして、教室以外の時間にも「もっと上手くなりたい」という気持ちを持って練習すれば、その結果は段位という形で目に見えることでしょう。

 自分自身の技の習得度や熟練度を確かめるため、またはけん玉を練習するための目標の一つとして、ぜひ認定試験を受けて「けん玉級・段位取得者」を目指しましょう!フリースタイル重視の方にも、基礎固め・基礎練習の動機として受験をおすすめいたします!

​級・段位の認定

©2017 @keitandama(中山啓太) All rights reserved.

​​ヨコけん―Yokohama.Kendama.Spikers―は@keitandama(中山啓太)の組織です。

Contact:

​yokoken.spikers.club@gmail.com

教室会場: 

​幸ヶ谷集会場

神奈川県横浜市神奈川区栄町12